priscilla-du-preez-318419


You like socer,right?
・サッカー好きだよね?
・サッカー好きだったよね?


はい、ネイティブが非常に多用する言い方ですね。
これを知って自分は楽チンじゃんと思って使いまくってましたw

「right」

もちろん王道の意味は右ですが。
便利な使い方が結構あって、よく使っていました。

今日のフレーズもそうです。

疑問形じゃない普通の文章にカンマしてrightをつけるだけでもう疑問形です。
お手軽質問。

海外のドラマなんかでも非常によく使われています。

正式な形としては。

You like soccer do you?

です。

これなら見覚えがありそうですね。
日本語で言う付加疑問文とやらですね。

この形をよくネイティブは使います。
最後をrightに変えて。

メッチャ簡単です。
最後にrightつければ何でも質問になります。

例文

You like soccer,right?
サッカー好きだったよね?(好きだっけ?)

You can't eat cheese,right?
チーズ食べれないよね?(食べれなかった?)

He is banker clerk,right?
彼って銀行員だよね?

I was OK,right?(震え声)
昨日私大丈夫だったよね?
(二日酔いで覚えてないとき)

非常に便利かつ、簡単なので是非こちらをオススメします。
というかネイティブはこればっかり使います。

逆に使わないときは強調してゆっくり強く言う時です。

例えば

You said go did you!?
行くって言ったじゃん!?

did you!?と強調して言います。

まぁ別にrightでも同じように使ったりしますが、
あえて使う時はこのくらいかなと思います。

まとめ

ネイティブは英語を簡略&省略をよくします。
それが普通です。

ですので、是非簡単な方を使ってみましょう。

今回の付加疑問文に関しても、この場合are you だっけ aern't you とか悩む面倒が省けます。

ですので、最初の一歩はこちらでいいかと思います。
その後、頭で~ですねはare you や do youを使い、
~じゃないですよねはaren't you や didn't youを使うと覚えるといいでしょう。

最初に細分化したものを覚えるより、大枠で捉えたほうが最初覚えやすいですし。
感覚的に最初につかめれば、後付で意味を再確認した時の覚えの速さは段違いです。

まぁこれは自分の経験なので、万人には通用しないかもしれませんが・・・


rightは右と言う意味なんかより、質問する時に使う事がが非常に多いですし大事です。

~でしょ? ~だよね? ~じゃなかった? ~だったよね?

等々。

これを是非実践で話して使ってみて感覚としてとらえてみると、英語のドラマや映画も一段と理解力が増すことでしょう。

JustDoIt!!

▼毎日ワンフレーズ英会話シリーズまとめ一覧リンク▼